「神戸 玄斎」 きょうはどんな日 gensaikobe.exblog.jp

メタボ系割烹店主の日常


by gensai-kobe
プロフィールを見る
画像一覧

夜の空席情報

9/27(火)、28(水)、30(金)の夜が、ガラガラです。

皆様、お誘い合わせの上、是非ご来店をお待ちしております。
(本日26日は、月曜日で定休日です。)

e0188897_11582540.jpg

大人気の、活けの子持ち鮎が入荷中です〜
\(^o^)/
(ちなみに、写真は子無しです。)
[PR]
# by gensai-kobe | 2016-09-26 11:44 | 情報・お知らせ

神戸マルシェ 2016

e0188897_15240278.jpg
今年も早いもので、神戸マルシェのご案内の時季になりました。
玄斎は、今年も「道下」「小猿」両店とともに、トリプル・コラボで出店予定です。

ぜひ、ご来場お待ちいたしております。



神戸マルシェ2016(詳細はコチラ→http://www.kobe-marche.com/

日  時
2016年10月16日(日)10:00 ~ 16:00(売り切れ次第終了)荒天中止

会  場神戸ワイン城(神戸ワイナリー・農業公園)
     【お問合せ先】神戸ワイナリー(農業公園)  
     TEL. 078-991-3911(9:00~17:00)http://www.kobewinery.or.jp

入 園 料:  無料     開園時間/9:00~17:00

アクセス:  【会場所在地】 神戸市西区押部谷町高和1557-1
       【電車&バス】 神戸市営地下鉄・西神中央駅よりバスで約10分
              神姫バス(20・27・75・80・81系統)
               「農業公園」または「神戸ワイナリー」下車

   ★ 今年はアルコールメニューも充実! 公共交通機関でお越しください。
     駐車場が満車の場合、ご入場いただけないことがございます。

出  店
Ça Marche/Cuisine Franco-Japonaise Matsushima/モンプリュ/玄斎/小猿/割烹 道下/REIMS ランス/
Liang You 良友/神戸酒心館/Ngam Ngam Hou/METZGEREI KUSUDA/元町ケーキ/L'AVENUE/
炭火焼鳥 いもや/BRASSERIE L'ARDOISE/近藤亭 きっしゅや/Pizzeria Azzurri/弓削牧場/前田米穀店/
glass art shop TOR DECO/srow/mature/NEST Gardening Factory/Boulangerie Bienvenue/ベル・ターブル/コムコカ/L'accent/近畿タクシー/神戸シーバス/ブルーダイヤファクトリー/comedor ESTELA/EN HALV/
Shop&Gallery Ko/patch-work/φ(フィ)/ 木のおもちゃ ころころ/神戸Chris

会場演奏
Girasole 〈 歌:江口輝博(VITO)、アコーディオン奏者:菅野稔子 〉
/モリオカルテット(モリオカモリオ、籠谷紗希) ほか

バルーンアート
みはらさとし

人形劇
人形劇団ピエロック一座

協  力
(財)神戸みのりの公社/(株)橋本パッケ/MOKA STORE/(株)トクラ大阪/CHECK&STRIPE ※順不同

会場MC
小野ともこ

[PR]
# by gensai-kobe | 2016-09-11 15:47 | 情報・お知らせ

ロカボ神戸プロジェクト

みなさん、ロカボって言葉ご存知でしょうか。
実はコレ、「ゆるやかな糖質制限食」を表す新語です。

糖尿病食と聞けば、厳しく管理された糖質量とカロリーの範囲内でしか食事ができず、美味しいものは食べられないというイメージがありますよね。

確かに、重度の糖尿病ともなれば、そうしなくてはいけないのですが、店主のような糖尿病予備軍の方も、世の中には沢山いらして、甘いものや炭水化物など、糖質量の多い食材をなるべく避けたいとお考えの方も多いと思います。



例えば、家族で集まっての外食のときに、日頃から血糖値が高めで食事制限(糖質制限)をしているお父さんが、食べてはいけないもの(控えているもの)を気にせずに、同じテーブルを囲めることって、いいですよね。

せっかく家族揃って、美味しいものを楽しく食べるために、レストランを予約しても、家族とは明らかに違うものばかりしか食べられなくては、お父さんもつまらないし、周りも気をつかってしまいます。

私たちは、そういった悩みをお持ちの方にも、食べる楽しみを忘れず、食のシーンで素敵な思い出を沢山作っていただきたい。…という想いから、健康に配慮した新しい「食」を提案しようと、立ち上がりました。

それが、『ロカボ神戸プロジェクト』です。

ロカボなムーブメントは、世界各国に拡がりつつありますが、街単位でのこういった取り組みは、神戸が世界初!!

アドバイザーに、「ロカボ」生みの親である、北里研究所病院 糖尿病センター長 山田 悟先生を迎え、現時点で50軒店舗近くに及ぶ飲食店が名乗りをあげて下さってます。まだまだ増えていく様子ですので、凄いことです。


弊店でも、ロカボな取り組みを、できる範囲から始めています。
(現在発売中の家庭画報10月号で取り上げていただいておりますのと、今月23日発売予定の、あまから手帖10月号にも掲載されます。)

ただし、板前割烹という性質上、その日の仕入れで献立を変更することもしばしばございますので、その都度こまやかな糖質量の計算はできかねますが、ロカボの定義通り、一食あたり20〜40gを目標値に、調整しております。

小さな店ですので、どこまで対応できるかということもあるのですが、先ずは一歩踏み出してみようと思います。



↓ そしてこれは、ロカボ神戸プロジェクトのPVです。
みんなの意気込みを感じていただければ、幸いです。
(店主、真顔です。ww)







↓ 9/21に、このプロジェクトの旗揚げイベントがあります。
お時間ございましたら、ご参加下さい。

e0188897_21591982.jpg


詳しくは、ロカボ神戸プロジェクト オフィシャルホームページで。
(現在、まだ未完成な部分がありますが、随時更新予定です。)










[PR]
# by gensai-kobe | 2016-09-10 16:18 | 情報・お知らせ

家庭画報10月号

e0188897_16245961.jpg

9/1発売の、家庭画報10月号(世界文化社)に、弊店を紹介いただいております。

食と健康をテーマにした新しいプロジェクトが、神戸で始まります。

是非、ご覧下さいませ。
[PR]
# by gensai-kobe | 2016-08-30 16:18 | 情報・お知らせ

BBQ in YGB(F)

e0188897_23203271.jpg

先日、去年に引き続き2回目のマルシェバーベキューが開催されました。

今年も場所は、弓削牧場さん。

2回目なので、準備も手馴れたもの。
e0188897_23203372.jpg

マツシマ家は、親子並んで調理中。
いい感じの光景です。

e0188897_23203454.jpg

飲み物も冷え冷えです〜

フライングして、飲みながら準備するのも、去年と同じですわ。

e0188897_23203583.jpg

焼きあがるまでの時間、子供達はソフトクリームをいただきに並んでました。

弓削さんのソフトクリーム、最高に美味いんですよねー。


e0188897_23203681.jpg

そりゃ、うまかろう。

e0188897_23203740.jpg

あら、おねえさま方まで。

e0188897_23203725.jpg

森のテーブルでは、何やら始まりました。

スロウの馬場さんのワークショップで、皮のストラップに刻印をさせてもらってます。
e0188897_23203837.jpg


e0188897_23203999.jpg

トントン…

楽しそう。
e0188897_00490057.jpg

夏休みの素敵な思い出が出来ました。

馬場さん、粋な計らいありがとうございました(^-^)/

e0188897_00490116.jpg

さあ、焼けました〜‼︎

e0188897_00490258.jpg


e0188897_00490296.jpg

今回の目玉の一つ、

ハワイアン・チキン。
e0188897_00490342.jpg

テリヤキのような味付けが、日本人好み。

しっとり、ふわっと焼けていて、見た目よりもアッサリしてるので、これならずっと食べ続けられるわぁ♡

e0188897_00490446.jpg


e0188897_00490524.jpg


e0188897_00490551.jpg

これは、店主が持ち寄った、鱧の煮こごりwith湯葉すり流し。

クールダウン用の一品です。

e0188897_00490612.jpg

サ・マーシュさんのパンとか、牧場名物のフロマージュ・フレとか…

延々と料理が出てきますから、それはすごいです。

e0188897_13591294.jpg

神戸シーバス(早駒運輸)さんの皆さんは、ユニフォームで参加。

e0188897_00490705.jpg

カメラマンの浮田さんも、ニコニコ。

e0188897_01220166.jpg


福寿の久保田副社長と、ワイン王子、ランス福田さん。

あれれ?日本酒にハート奪われたのか??(笑)

e0188897_13471903.jpg


ウチの娘なんて、近畿タクシーの森崎社長と談笑。。

老若男女みんながふれあうバーベキュー。凄いでしょ。
(べつに、社長=老 というわけではないですので。社長すみません)

e0188897_01220258.jpg

サ・マーシュさんのスタッフや、モンプリュさんのスタッフも、一足遅れて到着。

さらに、盛り上がります。

e0188897_01220369.jpg

モリオカモリオさんの音楽もあるなんて、贅沢っ!

e0188897_01220384.jpg

ちなみに、ウチの子たちは、マツシマJr.たちと一緒に、遠くのテーブルを陣取って、親たちに邪魔されず、子供達だけで盛り上がってます。

よくわかってますな(^◇^;)

e0188897_01220419.jpg

記念撮影
e0188897_01220548.jpg

…してからも、まだまだ宴は続きました。

e0188897_01220512.jpg


あぁ〜楽しかった。

お盆休みに、どこへも連れて行けなかった家族にも、顔が立ちました。

店主も、新しい会員さんとか、いろいろな方々とたくさお話ができました。

ホントにマルシェって素晴らしい。
神戸って素晴らしい。

いつも心からそう思います。

今回の準備全般を担ってくれた、ベル・ターブルの中谷くん、快くお引き受け下さった弓削牧場の皆さん、本当にありがとうございました。


[PR]
# by gensai-kobe | 2016-08-26 16:26 | よもやま話

お盆も営業してます。

玄斎は、お盆期間中 8/16(火)まで営業いたします。

夜に空席がございますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
\(^o^)/


なお、14(日)と15(月)は、ファミリーデーです。
この両日は、小学生のお子様にもお入りいただけます。



e0188897_14285291.jpg

↑昨日のお客様のかわいい作品(笑)

お見送りの後の図。

ウサギ&ト○ロ。


[PR]
# by gensai-kobe | 2016-08-15 10:55 | 情報・お知らせ

10-un (とうあん)

「おひとりさま」という言葉が、最近ではドラマになったりして、すっかり定着して久しい感がありますね。

昨日は、そんな「おひとりさま」が対象のイベントが弊店で開催されました。

今回で、3回目を数える、これまた定着イベントなんですが、簡単に言えば、10席ある玄斎のカウンター席を、「おひとりさま」×10席で埋めちゃおうというもの。

決っして、コンカツやコ○パの類いではございませんので、念のため…。

しかも、毎回ドレスコードを決めたり、器の作家さんとのコラボだったりと、通常ではあり得ない盛りだくさんで、オトナな企画です。

e0188897_01171392.jpg


今回は、京都の漆芸作家、土井宏友さんの作品に盛り付けさせていただきました。
e0188897_01171459.jpg

P:土井茂桂子さん

e0188897_01171448.jpg

P:土井茂桂子さん

同じ料理でも、器が違えば、また違う印象になりますね。

今回は数種類ずつの器をランダムにお出ししました。

e0188897_01171566.jpg

ですから、忘れたり間違えたりしないように、献立にも絵を描きました。

でも、コレはスタッフ向けで、お客様用ではありません。

昔ながらの料亭さんでは、こういった絵献立を書いて、板場に貼り出して、料理と道具立てをスタッフ全員に伝えていた(る)と聞きますが、再三申し上げておりますように、絵心のない店主を擁する玄斎では滅多なことでは書きません(笑)。

e0188897_01171567.jpg

P:土井茂桂子さん

コレと、

e0188897_01171640.jpg

P:小山田 悦さん

コレとか。

e0188897_01171633.jpg

P:土井茂桂子さん

コレと、

e0188897_01171755.jpg

P:小山田 悦さん

コレも、それぞれに面白いですよね。

e0188897_01171814.jpg

P:土井茂桂子さん

中でも、この欅漆釉椀は、玄斎の和え物をイメージして作って下さった力強い作品。

一瞬、大樋焼の夏茶碗⁇と見まがう質感は、よくみれば、意外にもメタリックなカラーが透けて見え、近未来的な印象もあります。何とも不思議な感覚。

今回、ほぼオール漆器ということで、どうなるのか多少の心配もあったのですが、そういったことを超越した作品群であり、店主にとっても真剣勝負させていただき、楽しくて、本当に勉強になりました。

e0188897_01171866.jpg

P:小山田 悦さん


e0188897_01395351.jpg

P:土井茂桂子さん

ね、必死でしょ。


e0188897_01395452.jpg

P:小山田 悦さん

そして、このイベントの首謀者 兼 コーディネーター、土井茂桂子さん。

店主が、公私共々、大変お世話になっております素敵な方です。

e0188897_01395481.jpg

P:小山田 悦さん

e0188897_01395547.jpg

P:小山田 悦さん

スタッフにとっても、充実した1日でした。


[PR]
# by gensai-kobe | 2016-08-09 00:34 | 玄斎の味

全体ミーティング

先日来、ちびっこうべに掛かりっきりの感がありますが、今日も参加してきました。

お昼の営業後に、大急ぎでKIITOホールへ。

e0188897_21382590.jpg

1時間の遅刻でしたが、子供たちは、試食をすでに終え、味や盛り付けから受けた印象を、思い思いに書き出していました。
e0188897_21382632.jpg


e0188897_21382642.jpg


店主が先日講習したシェフチーム5人の他に、建築家チームとデザイナーチームのメンバーも交えての意見交換です。
e0188897_21382757.jpg


仕切り役は、デザイナーチーム担当・明後日デザイン制作所の近藤聡さん。
e0188897_21382884.jpg

e0188897_21382894.jpg

e0188897_21382994.jpg

e0188897_21382902.jpg

最近の子供たちの印象。

粛々と作業をしていて、きちんと計画的。みんなお行儀がいいですよね。

大声上げてる子もいないので、店主の子供時代とは随分違いますね。
e0188897_21383060.jpg

それぞれに意見が出揃ったところで、近藤さんが、模造紙に書き上げて下さいます。

しかし、ホントに子供たちの発想は柔軟で豊かです。
夢のあるアイデアから、大人が感心するような画期的な案まで、多種多様。

でも、自由なだけではなく、しっかりと押さえるべきところは押さえるところが、現代っ子らしさ。クールな部分を持ち合わせています。

じつに面白い。

e0188897_21383117.jpg

子供たちの夢の店を実現させるために、大人はなかなか大変ですよ、コレは。




[PR]
# by gensai-kobe | 2016-08-06 17:34 | よもやま話
e0188897_21510910.jpg

今日はいよいよ、ちびっこうべ2016 ワークショップの第1日目でした。

小学三年生から五年生の男女が集まってくれました。

なんと、お隣りのカ・セントさんも、たまたま同じ日に同じワークショップだそうで、タコスを作るとか。

ウチのチームは、そぼろの二色丼です。

この日がメンバーの初顔合わせらしく、みんな最初はガチガチ。

e0188897_21511042.jpg

e0188897_21511124.jpg

e0188897_21511133.jpg

少しずつうち解けてきましたよ。

さて、メインのそぼろ丼のレクチャーします。

e0188897_21511232.jpg

おぉっ、いっぱい話しかけてきた。

子供にしか発想できないような、楽しいアイデアが、たっぷりと出てきました。

これだから、キッズ対象のイベントは楽しいんです。

e0188897_21511378.jpg

さぁ、実際に食べて貰って、意見交換しましょう。

「少し味が濃いかな。」

「紅生姜欲しいな。海苔は要らない。」

「当たり付きにしよう。」…とか。

これ、みんな子供たちの意見。

実際に食べてみてから、いろいろ話し合いました。

こうやって、子供たちと共に、味や盛り付けから作り上げていくことで、自分達オリジナルの商品になりますから、店主もあえて勝手に試作はせずに、今日の日を迎えました。

みんなで考えるのが、いいんです(^。^)


「蛍光色のピンク色に染めたら、かわいい♡」なんて、ぶっ飛びで女の子らしいアイデアもでましたよ(笑)。


最後はうち解けるどころか、女の子に比べてシャイな男の子まで、楽しく発言してました。

次回は、今月末。

実際に、エプロン付けて、子供たちに作って貰います。

店主は、今日出し合ったアイデアを盛り込んで、再度レシピ化してみます。

10月の本番に向けて、大人にとっても、楽しい夏休みの自由研究になりそうです。


[PR]
# by gensai-kobe | 2016-08-01 21:18 | よもやま話
e0188897_15194084.jpg

KIITOホールで2年に一度開催される夏の大イベント「ちびっこうべ」が、今年もスタートします。

ちびっこうべとは、神戸の子どもたち(対象小学三年生〜中学三年生)が、プロのクリエイターといっしょにつくる、夢のまちを舞台に、プロの知識や技を楽しく学んでまちをつくりあげていく、体験型プログラムです。

美味しい食べ物をつくる「シェフチーム」、
建物や家具をつくる「建築家チーム」、
お店のロゴや看板をつくる「デザイナーチーム」
の、3チームにわかれて、それぞれのプロによるワークショップを体験してもらい、3チーム合同で夢のお店を作り上げます。

今年も15軒の「ユメミセ」が立ち並ぶ予定で、玄斎もそのうちの1軒を四年振りに担当させていただきます。

※ちなみに、ちびっこうべ2016の参加募集は、終了しました。

来月から、ワークショップが始まります。

玄斎のカウンターに子どもたちの賑やかな声が響くのが、とても楽しみです
(^ν^)

また、後日報告いたしますので、お楽しみに。
[PR]
# by gensai-kobe | 2016-07-22 15:18 | よもやま話