「神戸 玄斎」 きょうはどんな日 gensaikobe.exblog.jp

店主の日常や様々な情報をお知らせいたします。 <Instagram> ID. @gensaikobe https://www.instagram.com/gensaikobe/


by gensai-kobe
プロフィールを見る
画像一覧

ベトナム南部・カイベ―の旅 3

e0188897_16450068.jpg
ベトナム3日目、本番当日。
当日仕入れの方がいいものだけを買いに行きました。
昨日は自転車の道のりを、今日は歩きましたが、30分足らずで着くから、苦にならず。
e0188897_16451756.jpg
歩くと、いろいろ町の情景が見られて、楽しい。
ザ・ベトナムな光景に出くわすと嬉しいものです。
e0188897_16454710.jpg
すごく平和な感じ。
飽きないから、2、3時間歩けそう。
e0188897_16461219.jpg
横断歩道ないから、右左折が大変。
e0188897_16463380.jpg
この間を歩いて渡る。
でも、慣れたら楽しい。

奥の橋の下あたり、川の横が、マーケットです。
e0188897_16465983.jpg
昨日見つけておいた、川海老のお店。
子持ちと子ナシを半分ずつ。

e0188897_16471239.jpg
キエット邸で食べたのが美味しくて。
これ、使います。


e0188897_16473211.jpg
パンもあります。
バインミーに使うフランスパン風のです。
米粉も少し入っているそうです。

e0188897_15013409.jpg
店主が気になって、是非とも寄ってみたかったのがこれです。
魚のすり身屋さん。

そうです。
キエット邸の最初のご飯で、ズッキーニの花に詰めてあったすり身。
これだったんですね。


e0188897_15015525.jpg
小骨がほぼないので、スプーンでこそげるだけで、簡単にほぐれる、素晴らしくすり身向きの川魚。




e0188897_16475580.jpg
見た目が非常に不気味なんですが、日本ですり身に使う、グチやエソもまぁそっち系ですからね。



e0188897_16481171.jpg
細かく擦ったものと、荒ほぐしのとがありました。

e0188897_16483776.jpg
乾燥椎茸も売ってました。
買います。

e0188897_16485717.jpg
豆や穀物を扱うお店。

e0188897_16493981.jpg
今日は急ぎ目で帰りましょう。
トン邸に向かいます。

e0188897_16510813.jpg
イベント仕様になってました。

e0188897_16504958.jpg
店舗紹介まで。
ありがとうございます。

e0188897_16503101.jpg
すっかりなついてくれた、お孫さんのお出迎え。

早速、料理開始。

e0188897_16513351.jpg
フライパン大活躍の日本料理人と、中華鍋を駆使するフランス料理人。なんだコレ 笑

e0188897_16154036.jpg
梅人参🥕




e0188897_16155762.jpg
チャーというナマズは、最近日本でも、鰻の代替品として注目されているので、蒲焼き風に。
e0188897_16160047.jpg

e0188897_16160353.jpg
タコ焼きの舟が、活躍しました。
ベトナム白菜のアチャラ漬けを添えて。
e0188897_16180223.jpg

e0188897_16180501.jpg
漬物と腸詰は炒めてご飯のお供に。

e0188897_16180771.jpg
ベトナムにも豆腐と厚揚げがあります。

e0188897_16181087.jpg

e0188897_16181257.jpg
e0188897_16293687.jpg

e0188897_16195963.jpg
さあ、どんどん出来上がります。
川海老ちらし寿司には、干し椎茸入ってます。海苔は持参したもの。
e0188897_16273423.jpg
川魚すり身は、しんじょうにして、椀物にしかけましたが、個性以上のクセの強さが仇となり、献立変更。和風ミンチボールにして、ズイキとパイナップルと組み合わせました。
e0188897_16301725.jpg

e0188897_16201511.jpg
ライスサラダとスペアリブ煮込み
e0188897_16201766.jpg
クレソンと川海老と揚げパン
e0188897_16202005.jpg
スペアリブと腸詰と漬物煮込み
e0188897_16263222.jpg
埋み豆腐の鍋仕立て カイベー風

玄斎のご近所さんの、うおくに商店さんの、なないろ七味や粉山椒がいい仕事してくれますよ。


他にも、ズイキとキクナと龍眼のぬた和えや、カモと野菜の治部煮風 とか作りましたが、写真撮るヒマありませんでした。

e0188897_16211928.jpg
日越両国入りまじりながらの、楽しいパーティーが始まりました。
e0188897_16212237.jpg
興味持ってくれてます。


e0188897_16212679.jpg

e0188897_16212898.jpg
地元の学生さん達が、試食後キッチンに。
いろいろお話しできて、本当に嬉しい時間でした。
ホントに純朴で素晴らしくいい子達で、泣きそう。
この国、この街に息づいたしっかりとした食文化があるので、大事にしてねと、伝えました。
e0188897_16244820.jpg
トンさん一家にもお礼。
平穏無事な日常を、突然やってきて掻き回してしまった外国人料理人を許してください。
ご夫婦の優しい眼差しを忘れません。


e0188897_16245151.jpg

e0188897_16245938.jpg

e0188897_16251080.jpg

e0188897_16252364.jpg
国籍は関係ないな。
今度はここへ、里帰りのような気持ちでまた来たい。

e0188897_16522541.jpg
たくさんの方々の想いがあって、実現できました。
本当にありがとうございました。

e0188897_16524828.jpg
カイベー。素晴らしい出会いをありがとうございました。
またきっと来ます。

ずっとこのままで…。








[PR]
by gensai-kobe | 2017-12-25 01:04 | よもやま話