「神戸 玄斎」 きょうはどんな日 gensaikobe.exblog.jp

店主の日常や様々な情報をお知らせいたします。 <Instagram> ID. @gensaikobe https://www.instagram.com/gensaikobe/


by gensai-kobe
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

七五三

きょうは、娘の七五三でした。

実家がある大阪の神社でお参りするので、家内と子供たちは、一足早く前日夕方から親父宅へ。
店主も、仕事を終えてからマイカーで大阪に向かいました。

e0188897_0454455.jpg


待っていたのは、親父手製の夕ご飯053.gif

12時を過ぎていましたので059.gifすっかり皆寝静まっておりますが、お風呂に入ってから、ゆっくりいただくことにしましょう。

e0188897_048411.jpg


中でもコレ。美味しかった060.gif

レンコンと鯛のせせり身をまるめて、あっさりとした照り焼きハンバーグみたいになってます。
いやはやサスガ親父です。
手抜き全くなし。恐れ入ります。

e0188897_0533469.jpg


朝ごはんまで、こんな感じ。

今日はお昼までは七五三参り、夕方からは大阪での毎月一回の用事がありで、なかなかのハードスケジュールです。


まずは、いつもの写真館へ。

e0188897_12454.jpg


e0188897_124072.jpg


着付けをしてもらって、ドラ娘も今日ばかりはおしとやか??

最近、写真慣れしてきて、表情を作ったりもします。
まだ一年生なのに。。。女ってコワッ!

e0188897_164387.jpg


ということで、神社でのバックショットも見てやってください。

でも、お参りが済んだとたん、「あ~お腹すいたぁ~。」

ちょっとホッとしたかも037.gif
[PR]
by gensai-kobe | 2009-11-30 00:40 | よもやま話

MVP#4

急遽開催が決定した「第4回MVP(マカナイ・ヴァリュー・パフォーマンス)」が、火曜日の深夜に行われました。
(ちなみに、以前に行われた模様はこちら→第1回→第2回→第3回


今回は、会場を「玄斎」に移しての開催ですので、フレンチ軍にとってはアウェーな訳でして、日本料理のグランドでの難しい戦いが強いられます。

e0188897_017518.jpg


厨房を前日から下見に来るスタッフもいるほどの気合いの入れようです。

実は、気合いが入るのにはもうひとつ理由があります。

料理情報誌「あまから手帖(クリエテ関西)」さんの取材があるからなんです。

修業中の彼らにとって、こんな機会はまたとないことですから、当然やる気になりますし、失敗も許されません。

かつてない緊張感のなか、戦いの火蓋は切って落とされました!!

e0188897_0173679.jpg



3人のシェフ達も取材を受けながら、カウンター越しに彼らの調理風景をワクワクしながら眺めます。

これも、オープンキッチン・カウンターの店ならでは。
スタッフ達の熱い戦いを間近に見るのは、店主たちにとっても初めてなので、興奮します。

e0188897_0181697.jpg


狭い厨房なので、二部制に分けて使うなど、それなりの工夫をしながら、協力しあって、なかなか楽しそう。

各々が作る料理については、何も知らされていませんので、「あれ何やろ?」「どうするんかなぁ〜」とハラハラ…

e0188897_0185460.jpg



一品目が出来上がりました。

続いて、二品目、三品目…出来上がったものは、試食前に写真撮りです。

今回撮っていただくのは、以前にも別誌でお世話になった塩崎聰カメラマン。

有名なプロカメラマンに撮ってもらえるなんて、幸福者ですよねぇ。


3人による厳正な審査の結果、MVPが発表されました。

いつもいい勝負ですが、今回も全員に賞をあげたいほどのクオリティーでした。

順不同でご覧ください。
写真は、店主のケータイで撮ったものです。

e0188897_0192591.jpg


e0188897_0194634.jpg


e0188897_020833.jpg


e0188897_0202928.jpg


e0188897_0205413.jpg


e0188897_0211461.jpg


e0188897_0213570.jpg


この日の詳細は、「あまから手帖 2010年1月号(12月22日発売)」に掲載予定ですので、是非ご覧いただき、各店にご来店の際にでもスタッフに一声かけていただければ、彼らの励みになることと思います。


e0188897_0221068.jpg


いやぁ、みんなお疲れ様。

この日のために、忙しい合間をぬって市場に出向き、試作を重ねてきましたね。

その頑張りは、これから先きっと役立つだろうし、若き日の貴重な経験は、何物にも替え難い自信に繋がると思います。


これからも、まだまだやりますよ!
[PR]
by gensai-kobe | 2009-11-13 23:03 | 情報・お知らせ

宝物ができました

e0188897_1561354.jpg

先日もお伝えしましたが、[GENSAI]が紹介されている洋書、PHAIDON PRESS社の「COCO」の内容の翻訳を、通訳のお仕事をなさっていらっしゃる、玄斎のお客様にお願いしてしまいました。


気さくで、とにかく気遣いの温かい当店常連のお客様でして、今回は店主の我が儘なお願いも快諾してくださいました。

お願いした日の深夜、帰宅すると、早速訳文がメールで届いていました。

「内容が愉しいので、一気に書き上げてしまいました。」という訳文からは、村田吉弘師の嬉しい言葉が初めて読み取ることができました。


10年程前、父の下を離れて神戸の飲食店で料理長として働くことになった私に反対し、電話で怒鳴りつけてくださったこと。

初めて玄斎で食事した帰り道、涙が溢れそうになったこと。


料理に対する賛辞も、本当に勿体ないほど有り難いことなのですが、いつも心配の種で出来の悪い弟子だった私を、今でも見守ってくださる師匠には、頭が上がりません。


この本、宝物です。
[PR]
by gensai-kobe | 2009-11-12 15:06 | よもやま話

時化ニモ負ケズ

e0188897_14221884.jpg

e0188897_14221899.jpg

昨日からの風で、海はシケ模様なんですが、素晴らしい白身魚が入荷中です。

豊後水道の白甘鯛。

刺身で試食したら、塩も振ってないのに、旨味爆発!
さすが2kg超えだけあって、クエより美味しいかも。

シンプルに刺身か塩焼きにします。


下の写真は、今日の造り用のおさかな達です。

左から、穴子(伝助)、鯛、シマアジ、白甘鯛。

天然の魚は、見ていても気持ちいいでしょ。

なかでも鯛は今年一番の肉質かも。


嬉しいので、思わずアップしてしまいました(笑)
[PR]
by gensai-kobe | 2009-11-12 14:22 | 玄斎の味

太陽と風のシワザ!?

e0188897_13592264.jpg

e0188897_13592254.jpg

店先に干してある謎の黒い物体?何だと思います??


上の写真は、「香茸(こうたけ)」というキノコで、真っ黒なルックスで、お世辞にも美味しそうとは言えませんが、香りがとても強い高級天然キノコなんです。

もう少しで干し上がりますが、ちょうど、甘辛く煮付けた干し椎茸に、香木を足したような、甘くて強い香りが特徴です。

完全に天日干しにしてから煮て、和え物などの天盛りに使います。


下の写真は、干しぜんまいです。

これも最高に旨い乾物です。

白和えにするか、信太巻きにしようか…と迷っていますが、いずれも鄙びた味で、しみじみ旨いものです。


もとは保存性から考えられた乾物ですが、生にはない、ふくよかな味にはホッコリしますね。


さあ、お正月用の香茸が干せたので、つぎは自家製からすみ。


今年ももうそんな時季です。
[PR]
by gensai-kobe | 2009-11-03 13:59 | 玄斎の味

今朝見かけた美しいもの

e0188897_1865876.jpg

木枯らしが吹き、急に冷え込んできました。

玄斎の山側にあるポプラ並木も赤みを帯びて、秋らしい町並みです。

今朝、市場に出かけると、目の覚めるようなシルバーの輝きの太刀魚の箱。

寒空のピンとした空気の中に、白い発泡スチロールに何とも美しく整然と詰められた無機質な姿に、思わず吸い込まれそうです。


仕入れたサワラや鯖も、青白い蛍光灯の光の中に照らし出されて、独特のなまめかしさを感じます。

鮮度がいいほど、そんなふうに思ってしまいますね〜。


以前から写真が好きだからでしょうか。ついつい目が行くんです。

実は店主にとって、これは、毎年寒くなるこの季節になると感じる市場の光景なんですが、今年は今日が初日でした。


そんなことも考えながらの毎朝。
仕入れは難しくも楽しいものです。
[PR]
by gensai-kobe | 2009-11-02 18:06 | 美味しい話