「神戸 玄斎」 きょうはどんな日 gensaikobe.exblog.jp

メタボ系割烹店主の日常


by gensai-kobe
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1月最後の日

e0188897_159509.jpg

今年に入ってからお昼の接客を手伝ってくれている家内が、お昼休みに幼稚園から帰る長男を迎えにいった時の写メを送ってくれました。

自宅マンションの水盤の水が凍っているのを見つけて、おおはしゃぎの様子です。

この前の雪だるまといい、子供は風の子ですね。


さて、今日は嬉しい便りが届きました。

e0188897_1595099.jpg

e0188897_159501.jpg

店主が敬愛するフランスのワイン醸造家からの年賀状です。

ブルゴーニュから順番に南へ蔵巡りした時、蔵見学とテイスティング続きで疲れた店主たちを、タヴェルの畑に連れ出し、みんなで収穫した野蒜をフリットにして、自慢のロゼワインでもてなしてくれたエリック&マリー・ロー夫妻。

その心遣い。料理人として学ぶべきことが多いです。

e0188897_1595077.jpg

去年は返事をだしそびれてしまったので、今年は筆書きで。


あぁ~フランスに行きたいなぁ。
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-31 23:09 | よもやま話

食の持つ力

昨日お越しいただいたお客様から、嬉しいお言葉を頂きました。

その方は、何度も玄斎にご来店頂いているお馴染みの女性で、「今日は大将にお礼を言わなければ…」と切り出されたので、何事かと思いましたが、その内容は、以前お母様といらした時の話。

いつも大体女性ばかり5~6人で楽しくランチしていらっしゃるのですが、昨年秋口に、珍しくご家族でお越しいただいた時のことです。

more
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-28 08:59 | よもやま話

素敵な贈り物

話は前後してしまいますが、先日の大寒波がやってきた日。

ご予約のお客様が玄斎に無事お越しいただけるだろうかと心配するほどの気象情報でしたが、幸い神戸市中央区は積雪もなく、交通機関もほぼ順調に流れており、一安心しました。


毎日明石からの鮮魚を運んでいただいている「水口商店」の水口さんも、この日は少し遅れて到着。

「子供らに土産や。ホレッ。」
と、トラックから発泡スチロールの箱二つを取り出しました。

「うわぁ何の魚かなぁ~、?二箱も…」と内心期待した店主がフタを取ると、中には真っ白な雪が。

「京都の雪や。子供ら雪だるま作って遊ぶやろ。」

粋な計らいに、勝手に魚だと思い込んだ自分の夢のなさを感じてしまいました。

昼休みに自宅に帰ると、子供達がご近所のお友達のお宅で遊んでいると聞き、その足で雪を配達。

e0188897_1541911.jpg

店主は玄関先で失礼しましたが、一緒にお邪魔していた家内の話によると、みんな大喜びで夢中になって、小さな雪だるまを作っていたようです。

e0188897_1541983.jpg

街の子供に、素敵なプレゼントありがとうございます。
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-27 15:41 | よもやま話

収録完了

店主のテレビ番組出演予定をお知らせいたします。

たどたどしく話す、店主を見てやってください。
e0188897_9352746.jpg

e0188897_9352755.jpg


【番組】
NHK総合
きょうの料理
 「じゃがたまにんじんでシェフおかず ~和風~ 野菜と鶏手羽の梅照り煮」
【放送日時】
2月7日(月)
午前11時00分~11時25分
午後9時00分~9時25分(再放送)


e0188897_935277.jpg

尚、番組のテキスト本は、只今発売中です。
こちらは、
お近くの書店、コンビニなどでお求めください。
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-26 09:35 | 情報・お知らせ

16年目の思い

e0188897_2059299.jpg

阪神淡路大震災から16年。
今日1月17日は、忘れられない日です。

あの時店主は、京都で修業の身でした。

誰もが、いつも通りの朝を迎えようとしていた時、下から突き上げるような大きな揺れを感じ、目を覚ましました。

二段ベッドの下で、しばらくどうしたらよいのか分からず、座り込んでいましたが、きっとここ京都が震源地であろうことを疑いませんでした。

5分程度の停電の後、急いでテレビのスイッチを入れ、「現在消防の出動要請は出ていません。」という速報を聞いて、安心してもう一度眠りにつきました。

1時間余り経って、また大きな余震があり、今度テレビをつけた時には、あの火につつまれた神戸の映像が映しだされています。

寝ぼけ眼には、映画のセットと見間違えたほど、凄まじく荒れた街を空撮していました。

あの日、隣人神戸が大変な状況にありながら、何もできなかった自分…。

今でも、1月17日がくるたびに、その悔いる思いが蘇ります。


あれから16年、大阪弁の店主は、神戸の皆さまに支えられて、日々を営んでおります。

自分自身への気休めかもしれませんが、神戸に少しでも貢献できる店を目指していくことで、せめてもの償いになればと思います。


多くの犠牲者の方々の御霊に改めて哀悼の意を捧げます。

合掌
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-17 20:59
お知らせ


平素より弊店「店主のブログ ~きょうはどんな日~」をご覧頂き、誠にありがとうございます。

お蔭様で玄斎は開店から7年目に入りました。

数々のお客様方に支えられ、またご指導、ご厚誼を賜り、ここまで来られましたこと、深く感謝いたしますとともに、これからも倍旧のご贔屓をよろしくお願い申しあげます。


さて、玄斎ホームページでもお知らせいたしました通り、1月11日より、カウンター席の全席を禁煙とさせて頂いております。


愛煙家の皆さまには、とても心苦しいことではございますが、弊店の構造上、分煙は難しく、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

尚、テーブル席(半個室)は、今まで通り喫煙可能でございます。


ご協力よろしくお願いいたします。


店主 上野直哉
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-15 15:07 | 情報・お知らせ

ホウボウ&アマダイ

e0188897_10325991.jpg

昨日1.3kgのホウボウが入荷しました。

こんなに大きなのは、そうそうないですね。

e0188897_10325981.jpg

鮮やかな色とは対照的に、身はしっとり飴色でモチモチ…。

少し熟成させた今日が食べ頃です。

e0188897_1033015.jpg

甘鯛もこのとおり、ぽっちゃり美人がご到着。

刺身、塩焼き、かぶら蒸しまで、いろいろ活躍してくれそうです。
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-14 10:33 | 玄斎の味

七草

本来は朝食べるべきものでしょうが、七草セットを買い忘れてたので、晩御飯の一品に「七草粥」をつくりました。

e0188897_13592014.jpg

店主も幼少の頃、おばあちゃんにつくってもらった思い出がありますが、当時は七草セットなど売ってはおらず、街中育ちでは摘み草もできないので、水菜や大根の葉で代用し、そのかわり焼き餅をいれてくれました。

「お正月の食べ疲れた胃にやさしい。」とかいいながら、何杯もおかわりして、苦しくなった覚えもあるので、今日はそこそこに…

e0188897_1359205.jpg

「芹、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草。」

湯がいて絞って、ここから息子の出番!

e0188897_13592038.jpg

やりたがり性の長男は、喜んで台所へ。


「七草なずな、唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、トントントトン…」と繰り返しながら、店主の唄に合わせて、包丁と擂り粉木を振ります。

五穀豊饒、疫病退散、家内安全を祈りながら叩くこの風習も、子供達の記憶に残しておきたいものの一つです。

来年以降も続けて行きたいです。
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-08 13:59 | よもやま話

お正月休み

新春営業では、たくさんの方々にお越しいただきました。
心より御礼申し上げます。

暮れの「地野菜と穴子鍋セット」にはじまり、お正月の新春営業まで、突っ走って来た店主は、昨日(6日)から10日までお正月休みを頂いております。

昨日は、習い事を済ませた子供達(次男坊は保育園)を車でキャッチし、午後から何処へ行こうかと思案の結果、須磨浦公園から鉢伏山に登ることに決定。

e0188897_23405625.jpg

登山とはいっても、ロープウェイです。
メタボ店主のことですから、当然ですよね。

e0188897_23405644.jpg

眼下に広がる須磨の海を見て大喜びの店主家族。
そういえば、こういうところに連れて来たのも久しぶりだなぁ。
e0188897_23405655.jpg


e0188897_23405658.jpg

着いたところから、更に「カーレーター」なる謎の乗り物に乗り継ぎます。

これが、めちゃくちゃ面白い!

e0188897_23405631.jpg

遊園地の乗り物みたいに二人乗りのハコ乗って、古い学校の廊下みたいなスロープを上がっていくんですが、乗り心地が悪すぎて爆笑。

e0188897_23405660.jpg

乗る前に聞いた、係員のおじさんの説明通り、「たぶん、日本一乗り心地が悪い乗り物」です。

ノスタルジックな雰囲気の中、店主家族の貸し切り状態でした。


ここからは、徒歩で進むことにします。

冬枯れの山道はきれいに整備されていて、子供の足でも楽に登れます。

e0188897_23511912.jpg

途中、旗振茶屋という場所で記念撮影。

ここから先は、播磨の國。

e0188897_23405672.jpg

帰りはリフト〜カーレーター〜ロープウェイの楽チンルートで。

プチ遠足を終え、急いで保育園の次男を迎えに行きます。

翌朝、プチ筋肉痛の店主。
運動の必要性を感じながら、またガッツリ朝飯です。
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-07 23:40 | よもやま話

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年も皆様に支えられての一年でした。ご愛顧に深く感謝いたしております。

明日から4日間の正月営業が始まりますので、店主も気持ちを引き締めて頑張りたいと思います。

さて、私事ではございますが、本日(元日)発行の朝日新聞・兵庫版に、玄斎特製のおせち(非売品)が紹介されております。

兵庫県産の材料を使った26品です。

「ひょうごの在来種保存会」のみなさんのご協力で、ホントに素晴らしい生産者の方々が地元・兵庫県にはたくさんいらっしゃることを改めて知りました。

神戸で仕事できる喜びを感じながら、今年もいろいろチャレンジしたいと思います。

今年も「玄斎」をご贔屓に、よろしくお願いいたします。



玄斎 店主 上野直哉



朝日新聞の記事は、ウェブでもご覧になれます。
→リンク先「朝日ドットコム・マイタウン兵庫」の掲載記事
(1 「生産者の思い、お重に/「玄斎」の上野さん」)
(2 「上野さんインタビュー」)
(3 「一の重(1~3)」)
(4 「一の重(4~6)」)
(5 「一の重(7~9)」)
(6 「一の重(10、11)」)
(7 「一の重(12、13)」)
(8 「二の重(14~16)」)
(9 「二の重(17~19)」)
(10「二の重(20~22)」)
(11「二の重(23、24)」)
(12「二の重(25、26)」)
[PR]
by gensai-kobe | 2011-01-01 23:26 | よもやま話