「神戸 玄斎」 きょうはどんな日 gensaikobe.exblog.jp

店主の日常や様々な情報をお知らせいたします。 <Instagram> ID. @gensaikobe https://www.instagram.com/gensaikobe/


by gensai-kobe
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0188897_13233809.jpg

昨日の日曜日、魚住の竹内さんから初物のイチゴが届きました♡

それにしてもこのイチゴ、デカっ!

写真の「おいCベリー」と、店主好みの「さちのか」の2種類。タマゴくらいの大きさです。

この冬は暖冬の影響で、出荷のスタートも早いんだそうで、長く楽しめるみたいです。

嬉しい影響ですよねー^o^


e0188897_13233836.jpg

一家で大はしゃぎなんですが、しかし、こんな時に、次男だけ風邪ひいちゃって…。

e0188897_13233916.jpg

今日の月曜日は、学校をお休みしてます。こじらせると厄介ですからね。

いつもは、ウルサイくらいにおしゃべりで快活な息子も、微熱があって、今日はさすがに随分とおとなしめ。

お粥さん食べて、気がつけば、暖かいリビングでスヤスヤ。


「今夜はおでんにしよっかぁ〜。」との家内の提言で、朝のウォーキングの途中におでんの具材を買って帰った店主。

マクロビの料理講習に行く家内とタッチ交代で、息子と2人、お留守番しまーす。

e0188897_13234022.jpg

さてと、市場で黒毛和牛のスジを買ってきたので、頑張って旨いおでん作りますよ。

数年前に、NHK きょうの料理で、店主が紹介させて頂いたときの作り方に準じて、牛スジと手羽先を入れて作ります。

フライパンで焼き目をつけた手羽先を鍋底にセットして、泉北のお義父さん作の大根とじゃがいも、ゆで卵、コンニャク、白滝、ごぼ天、ちくわ、もち巾着が加わって…… あ〜ぁ、厚揚げとか入れてないのに、気がつけば、すごい量になっちゃいました。

具材の分量を、テキトーにやるから、いつもこうなりがちな店主。プロらしさ、ナッシングですわ。

e0188897_13234068.jpg

とうとう家の鍋では炊けず、店から借りて来ました。

今、煮込み中。。

e0188897_13234173.jpg

白粥に、よく煮えたおでんのじゃがいもを横取りして乗っけてやったら、ペロリと食べちゃいましたね。

これがお昼ご飯とは、チト寂しいですが
、胃腸をいたわって、早く治せよ、息子よ!

今夜あたりは、ビタミン補給にイチゴをあげよう。さぞ喜ぶでしょうな。



さて、おでんを煮込みながら、店主はただいま寝巻きの息子と2人きり、久々に家でゴロゴロさせて頂いております。

あと一時間で、家内が帰宅予定なので、男同士でノンビリしときます。

こんな休日はそうないので、案外楽しいなぁ。




あっ、しまったっ!

からし買うの忘れたぁー(笑)
e0188897_13262974.jpg









[PR]
by gensai-kobe | 2016-01-25 12:00 | よもやま話

経過報告(B面に突入)

e0188897_20031815.jpg

まだクリスマスから1カ月。

ものすごい勢いで、ハモンセラーノが豚骨に変わろうとしています。

半年は家族で楽しむ予定だったのに。

サラダに生ハム、パスタに生ハム、炒め物に生ハム、終いには炊き立てご飯に生ハム…。

そして何よりも、プレーンで貪るように食べることが一番多いかも。

e0188897_20031937.jpg

これは、超特大BIGな原木なめこを生ハムの脂で炒めたもの。

横に見えるのも、プレーン生ハムです。


自業自得とはいえ、ダイエットも足踏み店主
(; ̄ェ ̄)


あぁ、サンタさんアリガトウ。。
[PR]
by gensai-kobe | 2016-01-22 00:48 | よもやま話

KOBE らくがきグラス

e0188897_11085980.jpg

新しいグラスが仲間入りしました。

いつもお世話になっているglass art shop TOR DECOさんの店頭で一目惚れしました。

神戸の街の景色が、らくがきのようなタッチで描かれていて、海の部分は気泡が入っているんです。

日本料理のイメージからは、少し離れた感じですが、私の好きな神戸の街が題材になっているのが嬉しくて…

しかも、店主お気に入りの作家さん、木村直樹さんの作品ですからね。

お願いして、玄斎バージョンを作っていただきました。

サイズ大きめで、GENSAIの文字がどこかに入っています。

手作りなので、一個ずつ違いがあって楽しいです。
[PR]
by gensai-kobe | 2016-01-18 10:18 | よもやま話
やしろの森公園をあとにして、クルマを走らせていると、本日の最終目的地の姫路に行く途中、玄斎で大変御世話になっている、富久錦さんにちょっと寄って行こうという話になりました。


e0188897_15061386.jpg

加西にある蔵元さんで、店主が大好きなお酒です。

「ふく蔵」さんという飲食・販売スペースも併設されていて、10年ほど前、こちらで玄斎の貸し切りイベントをさせていただいたことがありました。

店主も久しぶりの訪問ですが、家族は初めて。楽しみです。

e0188897_15563090.jpg

e0188897_15563047.jpg

こちらは、純米酒だけしか作らない、こだわりの蔵元さんですが、ラインナップには、梅酒とか面白いものがたくさんあります

子供にも大人にも人気の「こうじアイス」も、そんな遊び心ある楽しく美味しい逸品です。

ギャラリースペースで開催中の、山田錦の田圃の土と、藁から作った釉薬で焼いた陶器の個展を見ながら、食後のひと時をホッコリしていたら、社長さんがご挨拶にいらして下さって、蔵見学をさせて頂くことに…。

e0188897_16131402.jpg

ラッキーでした。

午前中は、仕込みでてんてこ舞いで、
やっと落ち着いたばかりだそうです。
e0188897_20473264.jpg


e0188897_20473211.jpg

e0188897_20473385.jpg

e0188897_20473330.jpg

e0188897_20473338.jpg

e0188897_20473313.jpg

e0188897_20473427.jpg

e0188897_20473448.jpg

e0188897_20473574.jpg

e0188897_20473582.jpg

e0188897_20540582.jpg

e0188897_20540590.jpg

e0188897_20540584.jpg

搾りたてのお酒は、家内が試飲です。
いいな〜。いいな〜。

運転手の私は、オアズケ。

富久錦さんは、伝統を守りながらも常に新たな挑戦を続けることを忘れない素晴らしい蔵元さんです。

時には、酒造りの原点に立ち返り、一から考え直すことも…。

今すべきこと、今だからできることを考えて、あぐらをかかずに取り組んでいらっしゃる様子が、社長さんのお話で良くわかりました。

突然の訪問、それも仕込み真っ只中でお忙しいにもかかわらず、温かく迎えて下さった社長さんと蔵人さん、本当にありがとうございました。

急いで、姫路に向かいます。

長男が雑誌で探した水族館へ寄ってから、一徹ラーメンさんへ。

この一日、子供達にとって、何にも代え難い社会勉強になりました。

久しぶりの家庭サービスでしたが、人と自然の関わりって大事だなぁと痛感いたしました。

e0188897_15435416.jpg

↑水族館でご機嫌さん^^;

[PR]
by gensai-kobe | 2016-01-11 14:47 | よもやま話
えべっさんと成人の日。玄斎の連休中で、この二日間が家族で一日中過ごせる貴重な日なので、早起きして頑張りましたよ。お父さん。

とりあえず、行楽弁当を作ることは決まったので、前日夜にコ◯プさんで仕入れた材料で、ちゃちゃっと作りましょう^o^

e0188897_13072807.jpg

卵焼き
豚バラのエリンギ巻き
エビの串カツ
サゴシのパクチーズ焼
ブロッコリーと胡瓜の梅かつお和え
クリームチーズ竹輪
おにぎり

e0188897_13072925.jpg

こんな感じで、冷まして詰めます。

あ、卵焼きの横は、串カツのバッター液が少しだけ残ったので、これまた冷蔵庫に残っていたキムチと刻みネギを混ぜて、小さなチヂミ風お好み焼きに。
e0188897_13072905.jpg

残った材料を三つも使い切りで、気分も冷蔵庫もスッキリ。

主婦みたい(^^;;

e0188897_13073036.jpg

やって来たのは、ここ2年ほどはど定番になりつつある、加東市のやしろの森公園。

母屋の向こうは、自然豊かな里山です。

e0188897_13073072.jpg

e0188897_13073136.jpg

e0188897_13073100.jpg

子供達は、池の氷だけでも大はしゃぎ。
e0188897_14092130.jpg


なんの遊具もないのに、驚くほど遊んでくれるので、我が家では、スベり知らずの鉄板ポイントなんですよね〜。

e0188897_13073201.jpg

途中、里山の生き物の生態調査をしてらっしゃる方々に声をかけていただき、見学。

出会う方もみんな優しくて、子供も興味津々でお話を伺いました。

こんな時季でも、アメリカザリガニがいますね。

あと、川エビにドジョウ、あと刺されることもあるマツモムシという水生昆虫もいますよ。
e0188897_13073204.jpg

e0188897_13073392.jpg

勝手にお手伝い(ただの邪魔?)したりして…。

e0188897_14092124.jpg

e0188897_14092292.jpg

e0188897_14092236.jpg

それにしても、冬枯れの景色ではありますが、暖かい冬ですな。

e0188897_14092289.jpg

昨年訪れたときは、たくさんいた子鴨ちゃんも、大きく育ちましたが、5羽だけになってました。😲

e0188897_14092356.jpg

冬は虫採りも花摘みもできなので、退屈するかなと思って、スケッチブック持参の店主の元に、生態調査?を終えた子供達も合流して、写生大会です。

e0188897_14092377.jpg

e0188897_14092352.jpg


向こうに見える東屋でノンビリしていた家内から、「お昼ご飯にしよ〜🎵」って声が。

e0188897_14092437.jpg

e0188897_14092429.jpg

e0188897_14284877.jpg

e0188897_14284911.jpg

e0188897_14284957.jpg

お弁当オープン時のリアクション最高‼︎(笑)

e0188897_14284947.jpg

ハイ、父が6:30から作った愛情弁当。
ちょっと強めの風が寒いけど、食べましょう。
e0188897_14285024.jpg

うん、やっぱり寒いな。

でも、なかなか美味しい。

おにぎりは、1人2個にしたのは、夕ご飯に配慮してのこと。

あと2個ずつはイケるけど、ガマンガマン。


e0188897_14285058.jpg

帰り際、母屋の横では、割り干し大根が干してありました。

引戸を開けて中を覗いていたら、囲炉裏端に呼んでいただきました。
e0188897_14285042.jpg

初めての囲炉裏に大喜びの子供達。

「きりたんぽ焼いて食べてみたいー。」と、娘。

ホントに焚き火を見ると、癒されますね。

e0188897_14285051.jpg

冷えていた身体が温まりました。

ありがとうございます。また来ます。

さぁ、午後の部に向けて、出発。

[PR]
by gensai-kobe | 2016-01-11 12:34 | よもやま話
苦楽園のギャラリー Galerie 6cさんで開催されたイベント「ガレット・デ・ロア通り」に参加させていただきました。

最近は、日本でも少し定着しつつある、ガレット・デ・ロアですが、何故日本料理の玄斎が、ガレットなのか…?

もちろん、ガレットはおろか、洋菓子すら全く作ったことも無い店主ですから、いなり寿司での参戦です
( ̄^ ̄)ゞ


おいなりさん、いっぱい炊きました。

具材は、ゴボウ、レンコン、金時人参、炒りごまです。

e0188897_17022688.jpg

120個作って、20人前になるんですが、1人でえっちらおっちら作ってたら、時間押し気味。ヤバイ。

e0188897_17022631.jpg

35gずつ。シャリを分けるとラクです。

e0188897_17022746.jpg

関西は、この三角のおいなりさん。薄口醤油で炊いたすし揚げに、胡麻が入ったすし飯が主流ですね。

関東は、四角のいなり寿司。濃口醤油の揚げに、具無しの白いすし飯です。

e0188897_17022772.jpg

でも、こういうのは、田舎風の方が美味しいんだろうなぁ。

作る機会が多いお宅のお母さんとか、上手ですもんね。

e0188897_17022778.jpg

パック詰めの時、6個のうちの1個だけに、フェイブ(陶磁器製の人形)を裏から埋め込みます。

これを引き当てた人は、一年間幸運に恵まれるとか。

名付けて、「いなり☆で☆ロア」
e0188897_17022889.jpg

完成‼︎

納品して来まーす。

e0188897_17022811.jpg

フェイブを使った額装で囲まれた店内には、いろいろなお店のガレットや雑貨が並べられて、たのしい空間です。

e0188897_17022963.jpg

e0188897_17022974.jpg

設置完了です。

さぁ、今夜家族で楽しいテーブルになりそうですね。
e0188897_10253965.jpg


[PR]
by gensai-kobe | 2016-01-09 16:22 | よもやま話

年末年始の店主

あけましておめでとうございます。

もうお正月も7日ですので、ギリギリのアップになりましたが、皆様年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

お仕事を開始なさっている方がほとんどで、学生さんは今日あたり始業式ですよね。

玄斎は、今日からお休みをいただいてます。

早朝から出仕事があったので、遅めの昼食を取りながらの、ブログ更新です。

e0188897_23290232.jpg

今日は、自宅で七草粥を作ってくれました。

「唐土の鳥が、渡らぬ先に〜🎵…」って歌いながら、刻んでるのは、今年は次男坊。

e0188897_23290281.jpg

家内の図らいで、美味しくできました。
お正月も一段落ですね。



さて、話は遡って、年末30日のお話から。

e0188897_12150691.jpg

水菜
e0188897_12150719.jpg

マチコネギ
e0188897_12150720.jpg

赤崎ごぼう
e0188897_12150867.jpg

大阪菊菜
e0188897_12150865.jpg

金時人参
e0188897_12150946.jpg

高山真菜

e0188897_12150907.jpg

田辺大根
e0188897_12151003.jpg

小野芋


これは、年末恒例の「迎春用 地野菜と穴子鍋セット」の2016版仕込み風景です。

今年は、アクシデントもなく、各地から材料が届きました。

生産者の皆さま、ありがとうございますm(_ _)m

e0188897_12151044.jpg

黄金の出汁

さてさて、年越しは、大阪の実家で紅白を見ながら、家族でホッコリでした。

AKBたか◯な の卒業ステージにサプライズ出演した旧トップ2の姿を観て涙し、復活したレベ◯カの3人に胸を熱くした店主です。

あ、あさちゃんも良かったですね〜。

e0188897_12151140.jpg

元旦は、例によって、甥っ子と切り物。

この画、三年連続ですわ。


e0188897_12242589.jpg

子供達は、ワサビをスリスリ…
頑張ってお手伝い。

e0188897_12242545.jpg

おじいちゃんが盛った見本を見ながら、頑張ってマス。

e0188897_12242673.jpg

親父が一人で仕込んだ祝肴。

店主は、結局これだけで何時間も酒飲んでましたが…。

e0188897_12242630.jpg

さあ、準備できましたよ。

e0188897_12242727.jpg

e0188897_12242703.jpg

宴の始まり。

半日以上こんな感じです。
e0188897_12314084.jpg


[PR]
by gensai-kobe | 2016-01-07 14:18 | よもやま話