「神戸 玄斎」 きょうはどんな日 gensaikobe.exblog.jp

メタボ系割烹店主の日常


by gensai-kobe
プロフィールを見る
画像一覧
e0188897_21510910.jpg

今日はいよいよ、ちびっこうべ2016 ワークショップの第1日目でした。

小学三年生から五年生の男女が集まってくれました。

なんと、お隣りのカ・セントさんも、たまたま同じ日に同じワークショップだそうで、タコスを作るとか。

ウチのチームは、そぼろの二色丼です。

この日がメンバーの初顔合わせらしく、みんな最初はガチガチ。

e0188897_21511042.jpg

e0188897_21511124.jpg

e0188897_21511133.jpg

少しずつうち解けてきましたよ。

さて、メインのそぼろ丼のレクチャーします。

e0188897_21511232.jpg

おぉっ、いっぱい話しかけてきた。

子供にしか発想できないような、楽しいアイデアが、たっぷりと出てきました。

これだから、キッズ対象のイベントは楽しいんです。

e0188897_21511378.jpg

さぁ、実際に食べて貰って、意見交換しましょう。

「少し味が濃いかな。」

「紅生姜欲しいな。海苔は要らない。」

「当たり付きにしよう。」…とか。

これ、みんな子供たちの意見。

実際に食べてみてから、いろいろ話し合いました。

こうやって、子供たちと共に、味や盛り付けから作り上げていくことで、自分達オリジナルの商品になりますから、店主もあえて勝手に試作はせずに、今日の日を迎えました。

みんなで考えるのが、いいんです(^。^)


「蛍光色のピンク色に染めたら、かわいい♡」なんて、ぶっ飛びで女の子らしいアイデアもでましたよ(笑)。


最後はうち解けるどころか、女の子に比べてシャイな男の子まで、楽しく発言してました。

次回は、今月末。

実際に、エプロン付けて、子供たちに作って貰います。

店主は、今日出し合ったアイデアを盛り込んで、再度レシピ化してみます。

10月の本番に向けて、大人にとっても、楽しい夏休みの自由研究になりそうです。


[PR]
# by gensai-kobe | 2016-08-01 21:18 | よもやま話
e0188897_15194084.jpg

KIITOホールで2年に一度開催される夏の大イベント「ちびっこうべ」が、今年もスタートします。

ちびっこうべとは、神戸の子どもたち(対象小学三年生〜中学三年生)が、プロのクリエイターといっしょにつくる、夢のまちを舞台に、プロの知識や技を楽しく学んでまちをつくりあげていく、体験型プログラムです。

美味しい食べ物をつくる「シェフチーム」、
建物や家具をつくる「建築家チーム」、
お店のロゴや看板をつくる「デザイナーチーム」
の、3チームにわかれて、それぞれのプロによるワークショップを体験してもらい、3チーム合同で夢のお店を作り上げます。

今年も15軒の「ユメミセ」が立ち並ぶ予定で、玄斎もそのうちの1軒を四年振りに担当させていただきます。

※ちなみに、ちびっこうべ2016の参加募集は、終了しました。

来月から、ワークショップが始まります。

玄斎のカウンターに子どもたちの賑やかな声が響くのが、とても楽しみです
(^ν^)

また、後日報告いたしますので、お楽しみに。
[PR]
# by gensai-kobe | 2016-07-22 15:18 | よもやま話

364 サンロクヨン

e0188897_22043628.jpg

去年までは、神戸マルシェマップとして無料配布していました神戸マルシェの加盟店案内ですが、今回装いも新たに広報紙としてバージョンアップ。

その名も、

「364 サンロクヨン」

勘のいい方はおわかりかも。

神戸マルシェは、年に一度のハッチャケ大イベントとして定着しつつありますが、参加店舗は普段からなんやかんやでお付き合いのあるメンバー同士であり、また、日常はそれぞれのお仕事のプロとしての顔があります。

イベントとしては、たった1日だけですが、その裏側には、地元愛に溢れた仕事一途な364日があるわけで。

じゃ、普段からの目線で、神戸を語り、神戸を愛する人のつながりを広げようじゃないか。

…ってな感じの内容で、364 というタイトルに決まりました。

創刊1号が出来上がりました。

玄斎を始め、参加各店舗にございますので、是非お手にとって下さいませ。

3月に当ブログでアップしましたが、神戸港の船上で撮影した写真が表紙になりました。

店主の記事も紹介されてます。
あ〜恥ずかし。。

[PR]
# by gensai-kobe | 2016-07-07 23:02 | 情報・お知らせ

お盆休みのご案内

毎度お引き立てありがとうございます。

早いもので、今年も折り返し地点を過ぎ、玄斎にも12年目の夏がやってまいりました。
これも、皆様の変わらぬご愛顧の賜物と厚く御礼申し上げます。

さて、今年のお盆の営業について、ご案内申し上げます。

お盆中8月15日(月)は、臨時営業致します。

※14日(日)と15日(月)は、特別に2日間「ファミリーデー」とし、小学生以上のお子様にもご来店頂けます。是非、ご家族でお越しくださいませ。もちろん、お子様連れでなくても大歓迎です^_^

なお、17日(水)〜19日(金)までを夏季休業とさせていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by gensai-kobe | 2016-07-01 00:00
玄斎で数年前まで頑張ってくれていた村川くんが、このたび晴れて独立開業します。


彼は、店主にとっても師匠である、菊乃井の村田吉弘師のもとで、8年ほど修業ののち、弊店に来てくれましたので、弟子でもあり後輩でもあるという間柄。

弊店では、ワガママでなにかとユルい店主をサポートしてくれた、真面目で頼もしい片腕でした。

彼が一家の主となったこれからは、同じ遺伝子を持つ仲間として、応援したいと思います。

福岡の天神に隣接する街の一角にありますので、博多駅からも、空港からもすぐです。
福岡出張の方は是非寄ってやってくださいね。


e0188897_01421076.jpg

味割烹 むら川.

〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目15番8号
電話 092-734-2118

e0188897_01421186.jpg


e0188897_01421152.jpg


[PR]
# by gensai-kobe | 2016-06-15 17:05 | 情報・お知らせ
今日のお客様との会話がヒントで、お酒をゆっくり楽しみたい方の為に、皿数を減らしたコース料理を、数週間、試験的に設定してみようと思います。

移転前は、一品料理も毎日30品程度のご用意がありましたので、アラカルトユーザーの皆様からは、一品料理の復活をご要望いただいておりました。

そこで、一品料理とまではいきませんが、量的にライト(通常のコースの約70%)な「おまかせ料理」で、ゆっくりとお酒をお楽しみいただければと思います。
(もちろん、お酒なしでも大歓迎です。\(^o^)/)

お客様の評判次第で、定番メニューにオンリストしようと思います。

ご利用お待ちいたしております。



e0188897_22392767.jpg



【夜のおきまり5品】 8,000円(税別)

①酒肴(一般的に八寸と呼ばれる前菜盛)
②造り三種
③煮物椀
④和え物(または小鉢物)
⑤焼物(または揚げ物など)

※ オプション1,500円(税別)で、ご飯とデザートをお付けできます。

〜ご予約について〜
申し訳ございませんが、こちらの【夜のおきまり5品】のみ、原則ご来店予定日の2営業日前から当日まで、お電話にて承ります。
勝手申しますが、何卒ご了承下さいませ。


店主敬白


[PR]
# by gensai-kobe | 2016-05-25 22:27 | 情報・お知らせ

神戸ならではの一冊

e0188897_19310709.jpg

またまた新刊のご案内です。

…とはいっても、店主の著書ではなくて、弊店を開店当時から応援してくださるお客様のご本です。


2年以上という大変な時間と労力をかけ、この度素晴らしい料理本を完成されました。

20年間、国際クッキングクラブを主宰されているとあって、日本、アジア、ヨーロッパ、中南米に、中近東まで…それはそれはバリエーション豊かな各国のお料理とデザートがズラリと並び圧巻です。

写真だけでも、ヨダレが出てきそうですが、説明文を読んで、尚興味が湧く感じ。

自宅リビングに置いてあるので、家族で読んで、家内にリクエストしています。

以前からよく作ってくれる海南チキンライスも、この本のレシピだと、さらに数段確実に美味しくなると思うので、週末が楽しみです。

また、料理だけでなく、デザート系もありますから、なんとも欲張り(失礼)な1冊ですね。

いずれも、各国の代表的な家庭料理がベースですから、普段の食事からパーティー料理としても、お料理好きの方なら、一度はチャレンジしてみたくなる品ばかりですよ。

素敵な盛り付けや食器、テーブルコーディネートも勉強になります。

店主、オススメです。




ゆかのグローバルクッキング
〜世界の家庭料理はこんなに美味しい〜

正路 育加 著

西田書店 (2016.4.20発売)

本体価格 2800円


外国料理教室 bonbonnière(ボンボニエール). HP
http://www.yukaskitchen.com


[PR]
# by gensai-kobe | 2016-05-17 08:18 | 美味しい話

やしろの森で里山保全

e0188897_08421490.jpg

またしても、来てしまいました。

やしろの森公園。

でも今回、いつもと違うのは、ピクニック目的ではなくて、里山保全ボランティアに参加してきました。

店主と娘は、畑の農作業。

家内と息子2人は、ため池の生態系を変えてしまっているアメリカザリガニの捕獲作業(←息子達にとっては、いつも通りのザリガニ捕り)です。

e0188897_08421539.jpg

ボランティアスタッフの大西さんから説明を受け、作業開始。

まずは、トウモロコシの定植。

娘は、「トウモロコシ定食??」と勘違い(笑)

e0188897_08421523.jpg

畝にビニールシートを掛けます。

e0188897_08421651.jpg

これは、大人の仕事。

e0188897_08421696.jpg

穴を開けます。

e0188897_08421644.jpg

あかん、もう暑い〜。

e0188897_08421728.jpg

e0188897_08421742.jpg

e0188897_08421870.jpg

スイートコーンの苗を植えていきます。

e0188897_08421818.jpg

水を撒いて完了。

傍らでは、タデアイ(藍)の間引きと移植。
e0188897_10461324.jpg

藍染のアイが、こんな草木だって…初めて見ました。

根元が赤くて、綺麗な苗です。

夏には、これを使って染色体験も予定されてるとか。楽しみです。

e0188897_10461432.jpg

作業が早めに終わったので、田んぼで遊んでます。
e0188897_10461484.jpg

おたまじゃくしがいっぱい。

ゆっくり探したら、水生昆虫がたくさん居そうです。

e0188897_10461513.jpg

やんちゃ息子が、お友達とワーワー言いながら帰ってきました。

でっかいアオダイショウが網に絡まってたとか、ヤゴを見つけたとか、アメザリを450匹獲ったとか。得意げに話してくれます。

e0188897_10461555.jpg

e0188897_10461604.jpg

カスミサンショウウオ。

※ちなみに、このカスミサンショウウオ(希少種)を始め、捕獲した動物(アメリカザリガニ以外)は、観察後速やかに、森や池に還してあげましたので、ご安心を。

e0188897_10461602.jpg

e0188897_10461661.jpg

結局、この日捕獲したアメザリは、600匹を超えました。

凄い繁殖力。

e0188897_10461793.jpg

じゃがいも畑のスギナ除草中に、動くもの発見!

最初カエルだと思って捕まえた娘。

何だかフンワリしたので、驚いてみたらネズミでした。

アカネズミ。

e0188897_10461856.jpg

まぁ、なんとかわいいジェリーちゃん。

すぐに山へ還してあげました。(というか、逃げられました(笑))

e0188897_10574075.jpg



お昼になりました。
ご飯まで用意していただけるとあり、店主は朝からお弁当も作らず、楽させてもらってます。感謝。

e0188897_10574180.jpg

e0188897_10574228.jpg

e0188897_10574265.jpg

e0188897_10574234.jpg

e0188897_10574386.jpg

太陽の下での食事は最高です。

ちらし寿司に、沢庵とひじきの煮物。

米や野菜は、この公園でとれたものばかり。

e0188897_10574344.jpg

ちなみに、干し椎茸も、こんな感じ。

素晴らしい食育の日です。

e0188897_10574372.jpg


e0188897_10574454.jpg

よく働き、よく遊び、よく食べる。

なんて健康的。

しかし君たち、よーしゃべりますなぁ。

e0188897_10574479.jpg

食後も、子供達は原っぱに走っていきました。

e0188897_11024308.jpg


e0188897_11024407.jpg

e0188897_11024446.jpg

e0188897_11024523.jpg

e0188897_11024532.jpg

e0188897_11024586.jpg

e0188897_11024608.jpg

あぁ〜充実の半日でした。

これから、大阪のお爺ちゃんの家に行きます。



[PR]
# by gensai-kobe | 2016-05-08 16:14 | よもやま話

日本料理店のだし図鑑

e0188897_10204479.jpg

ただいま発売中の「日本料理店のだし図鑑(柴田書店)」に、玄斎の料理が紹介されております。

東京や京都、大阪の名店と一緒に載せていただき、光栄に思います。

憧れのあの店この店の、出汁の取り方が、詳しく書かれているほか、昆布や鰹節、煮干しなどの解説まで、深く掘り下げてあり、プロならずとも、お料理好きな方に楽しんでいただける実用書だと思います。

玄斎の椀物の写真は、随分前に、「月刊 専門料理」に掲載されたものですので、懐かしい気もします(笑)。

ぜひ、大型書店で手にとってみて下さい。

柴田書店さんのサイトでも、販売中です。

詳しくは、コチラ↓

http://www.shibatashoten.co.jp/detail.php?bid=00623100












[PR]
# by gensai-kobe | 2016-05-07 10:00 | 情報・お知らせ

空に太陽がある限り

e0188897_23222788.jpg

春の陽射しが気持ち良くて…。

お昼のお客様を全てお送りした後、玄関を振り向いたら、こんな素敵な光景が。

種が飛んだヒメジョオンが階段の下でひっそりと、でも力強く咲いてます。


この子もいずれかは、子や孫と家族を増やしていくのでしょう。


なんか、いい絵なんで。

ただそれだけですが、


丁度、博多でこの夏独立開業を目指す卒業生がいるもので…。

頑張れ!
[PR]
# by gensai-kobe | 2016-05-01 22:58 | よもやま話