人気ブログランキング |

「神戸 玄斎」 きょうはどんな日 gensaikobe.exblog.jp

店主の日常や様々な情報をお知らせいたします。 <Instagram> ID. @gensaikobe https://www.instagram.com/gensaikobe/


by gensai-kobe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

千種町の農家さん Part1

今日はお昼のご予約が入らなかったので,急遽とんぼ返りで生産地巡りを決行することにしました058.gif

目的地は、店主も以前から一度見てみたかった「ひょうご伝統野菜」でもある『宍粟三尺きゅうり』を求めて、宍粟市千種町です。

一時間寝過ごしたので008.gif7時すぎの出発。
中国道で佐用インター経由で、千種町に入ったのが9時半頃。


目的地のきゅうり名人のお宅に程近い場所に、こだわりの養鶏場があると聞き、ちょっと寄り道…

e0188897_2433046.jpg

近くの公民館前で待つ店主を、軽トラで迎えてくれた今井さんは、明石市のご出身001.gif

慶應大を卒業後、大阪で中学校の教員をなさっていたそうですが、子供さんにアトピーの症状がでたのがきっかけで、安全な子育てのために、自然の中での農業の道を選ばれたそうです。

e0188897_2442229.jpg

深い緑に繁る田圃の合間を縫うように農道を、軽トラの後ろについて駆け上がると、二棟の鶏舎が見えました。

クーラーガンガンの車から降りると、32度という気温のわりに湿り気がないせいか、神戸の暑さとは違うんですね。

「まぁ入ってみてください。」

広く開放的な鶏舎は、涼しくて心地いいんですが、何かが違う…なんだろ?…アッそうだ臭いがない!005.gif

養鶏場の常識では考えられないのかもしれませんが、どちらかと言えば、店主にはほんのり香ばしいいい香りに感じます。

e0188897_2452231.jpg

卵・肉兼用種らしいのですが、ここでは卵用に飼っていて、半年から一年後には食肉として利用するそうです。

囲いの中に入れてもらうと、フンワリとしたクッションのように砂らしきものがしかれています。

「これ、全部鶏ふんですわ。」

「ふ~ん」ではなく、「エーッ?!」と驚く店主。040.gif

灰のように細かくサラサラで、臭いもないので、誰もそうは思わないでしょう071.gif

e0188897_246217.jpg

ところで、こちらは月齢の低いニワトリ君(ちゃん)053.gif

トサカがまだ小さくて、体格からもまだ子供という感じ。

さっきの大人君(ちゃん)は、人懐っこくて、物珍しそうに店主の靴をつついてきたのに対して、こちらはちょっと人見知りしますね。

それから、皆さんは知ってましたか?このくらいの子たちは、まだ「ピヨピヨ」って啼くんですよ!

ヒヨコからニワトリになったのに、「ピヨピヨ…」037.gif

これが、めちゃくちゃカワイイんです。

そういえば、一斉に同じ方向に逃げる姿もヒヨコ的。

面白いものです。

「餌は、こちらで配合してます。」と、別棟に入ると、今井さんのかわいらしい娘さんもお手伝い中。

e0188897_2465437.jpg

「これが、米の粉。」

何と酒米・山田錦を精白した残りだそう。

「後、麦のクズに魚粉なんかを混ぜ合わせ、納豆菌を加えて一晩置くと、発酵が進んで、熱いほどの熱が発生するんですよ。」
e0188897_248134.jpg

「そしてもう一つ大事なのが…」
と、鶏舎の裏についていくと…


e0188897_2492695.jpg

「この草も配合してやります。」

勿論農薬とは無縁なこの草は、ニワトリ達の健康をたもち、卵にスッキリとした後味と自然ないい色を与えてくれるそう。

ちなみに、穀物は味にコクをもたらすのだそうで、この加減が大事なんですね〜。

あと、今井さんの話によれば、輸入トウモロコシや輸入大豆は、遺伝子組み換えや収穫後農薬(ポストハーベスト)の恐れがあるので、絶対に使わないのだそうです045.gif
e0188897_2502121.jpg

裏手は、千メートル級の山々に囲まれ、千種川へと流れ込む支流からは、澄んだ豊かな水が。


この上なく健康的に育つニワトリ達と、地球のリズムで暮らす今井さんご一家。

これが、人の営みの在るべき理想型なのかも知れません。

e0188897_25171.jpg

卵を一つ割って見せて下さいました072.gif

黄身の色は、想像より薄いですが、「トウモロコシや色付けのパプリカなど色素を与えていない」から、むしろこれが自然ということになります。

e0188897_3114277.jpg

穏やかで、そして真面目な人柄が反映されたような、自然で安全な卵を生産されている『いまい農場』さんのホームページはこちら→ http://imaifarm.jp/

e0188897_2515810.jpg

店主は、チャッカリと卵を分けていただき、次の農家さんに向け出発します。

e0188897_252452.jpg

今井さん、ホントにありがとうございました。いい勉強になったこと、いいお顔を拝見できたこと、いい人に出会えたことに感謝いたします。

今度は子供達とお伺いしたいです056.gif

Part2へ続く…
by gensai-kobe | 2010-07-22 01:58 | 美味しい話