「神戸 玄斎」 きょうはどんな日 gensaikobe.exblog.jp

店主の日常や様々な情報をお知らせいたします。 <Instagram> ID. @gensaikobe https://www.instagram.com/gensaikobe/


by gensai-kobe
プロフィールを見る
画像一覧

ロカボ神戸プロジェクト

みなさん、ロカボって言葉ご存知でしょうか。
実はコレ、「ゆるやかな糖質制限食」を表す新語です。

糖尿病食と聞けば、厳しく管理された糖質量とカロリーの範囲内でしか食事ができず、美味しいものは食べられないというイメージがありますよね。

確かに、重度の糖尿病ともなれば、そうしなくてはいけないのですが、店主のような糖尿病予備軍の方も、世の中には沢山いらして、甘いものや炭水化物など、糖質量の多い食材をなるべく避けたいとお考えの方も多いと思います。



例えば、家族で集まっての外食のときに、日頃から血糖値が高めで食事制限(糖質制限)をしているお父さんが、食べてはいけないもの(控えているもの)を気にせずに、同じテーブルを囲めることって、いいですよね。

せっかく家族揃って、美味しいものを楽しく食べるために、レストランを予約しても、家族とは明らかに違うものばかりしか食べられなくては、お父さんもつまらないし、周りも気をつかってしまいます。

私たちは、そういった悩みをお持ちの方にも、食べる楽しみを忘れず、食のシーンで素敵な思い出を沢山作っていただきたい。…という想いから、健康に配慮した新しい「食」を提案しようと、立ち上がりました。

それが、『ロカボ神戸プロジェクト』です。

ロカボなムーブメントは、世界各国に拡がりつつありますが、街単位でのこういった取り組みは、神戸が世界初!!

アドバイザーに、「ロカボ」生みの親である、北里研究所病院 糖尿病センター長 山田 悟先生を迎え、現時点で50軒店舗近くに及ぶ飲食店が名乗りをあげて下さってます。まだまだ増えていく様子ですので、凄いことです。


弊店でも、ロカボな取り組みを、できる範囲から始めています。
(現在発売中の家庭画報10月号で取り上げていただいておりますのと、今月23日発売予定の、あまから手帖10月号にも掲載されます。)

ただし、板前割烹という性質上、その日の仕入れで献立を変更することもしばしばございますので、その都度こまやかな糖質量の計算はできかねますが、ロカボの定義通り、一食あたり20〜40gを目標値に、調整しております。

小さな店ですので、どこまで対応できるかということもあるのですが、先ずは一歩踏み出してみようと思います。



↓ そしてこれは、ロカボ神戸プロジェクトのPVです。
みんなの意気込みを感じていただければ、幸いです。
(店主、真顔です。ww)







↓ 9/21に、このプロジェクトの旗揚げイベントがあります。
お時間ございましたら、ご参加下さい。

e0188897_21591982.jpg


詳しくは、ロカボ神戸プロジェクト オフィシャルホームページで。
(現在、まだ未完成な部分がありますが、随時更新予定です。)










[PR]
by gensai-kobe | 2016-09-10 16:18 | 情報・お知らせ